歴史 




.










カポエイラで使う楽器



アタバキ(太鼓)のオリジナルはアラビア。ポルトガル人がブラジルに持ち込んだ。

パンデイロ(タンバリン)イスラム人がスペイン、ポルトガルに持ち込まれ、
ポルトガル人がブラジルに持ち込んだ。
ブラジルの黒人が使い始め、カポエイラで使う楽器になる。

ビリンバウのオリジナルはアンゴーラーナ。19世紀にカポエイラで使う楽器になる。